2019年おせち注文はまだ間に合う!いつまで早割?間に合わなくなる前に!

匠本舗コラム

2018年-2019年の年始は平成最後のお正月です。

そのため何か特別感を感じますよね。

だから最後くらい豪勢なおせち料理を食べたい。

作るのは面倒だから通販おせちを買うという人も多い昨今。

でも通販おせちって早めに頼まないと売り切れて注文できなくなっちゃうんですよね。

だから年始のおせちは、間に合わないなんてことになる前に早めに注文しておくことが大事になってきます。

今からでもまだまだ間に合います。

すぐにでも注文し終えてしまいましょう。

おせちは早めに注文しないとどんどん損することになる

おせち通販では9月頃から注文を受け付けています。

早割などで早ければ早いほど一万円以上もお得に買うことができたりするんですよ。

おせちの早割は9月から始まり、12月の中盤まである程度安く買うことができます。

一番安いのが9月で月を追うごとに早割金額も少なくなっていきます。

つまり早く買わないと損をするってことなんですよね。

迷ったらとりあえず『匠本舗』のおせちでOK

匠本舗

おせち通販なんて今ではたくさんあります。

そのためいったいどこで注文すればいいのかわからなくなるという人もいるかと。

そんな人はとりあえず『匠本舗』というおせち通販サイトで注文すれば間違いはありません。

一番人気であり、毎年美味しいおせちを提供してくれるから評判なんですよね。

匠本舗おせちの中でも何にしたらいいか迷ってしまうのなら『京都祇園 料亭「岩元」監修おせち 匠』にしておけば大丈夫。

味の保証はしっかりされており、一番人気おせちなのであなたの口にも合うでしょう。

一番安い早割期間は9月30日まででしたが、台風の影響で延長されているようです。

いつまで早割期間が長引くかわからないので購入希望者はお早めに。

早くしろ!間に合わなくなってもしらんぞおおお!!

匠本舗では9月30日→10月31日→11月30日→12月15日と順に早割による値引き金額が少なくなっていきます。

つまり9月時点が一番安く、12月時点だと早割の恩恵をあまり受けることができなくなるというわけなんです。

そのため、匠本舗でおせちを注文したいと考えているのなら今すぐにでも予約しておくことが重要なんですよね。

それに早く注文しないと正月に届かないなんてことにもなってしまいかねません。

年末年始の忙しいときに慌てないように今からでもすぐに予約注文しちゃうのが得策かと。

まとめ

平成最後のお正月。

美味しくて豪勢なおせちで新しい年号を迎える準備をしましょうよ。

正月におせちを食べる文化のないご家庭でも平成最後である来年始めくらいおせちを堪能してみてはいかがでしょうか?

今からならまだまだ間に合いますよ。