【レビュー】ロジクールのキーボード『K380』最高過ぎ!コスパで選ぶならこれ!

ロジクールK380のレビューIT・ガジェット

スマホやタブレットで使うキーボードを買いたいけど何を買ったらいいか分からないという人に、ロジクールのBluetoothモバイルキーボード『K380』は最適です。

『値段』『打鍵感』『デザイン』『機能性』が値段に反して想像以上でした。

Amazonだと3000円以下で買えるのでコスパ最高!

そんなK380のレビューをしてみます。

良いところと悪いところをどちらもレビューしてみたので購入時の参考にしてみてくださいね。

ロジクールのキーボード『K380』のレビュー。まずは良いところを一覧

私はFireHD8を買い、それで文章作成をしようと思ったので良いBluetoothキーボードを探していました。

そして私は出会ってしまったわけですね、ロジクールの『K380』に!


ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380BK Bluetooth K380 ワイヤレス マルチOS: Windows Mac iOS Android Chrome

こいつがまた最高なんですよ。

良い部分と感じたことは

  • 値段がそこそこ安い
  • 打鍵感が値段に反して良い
  • 強くタイピングしても音がうるさくない
  • 3つの機器に同時接続できる
  • デザインがかわいい

ってところですかね。

詳しく見ていきましょう。

値段がそこそこ安い

BluetoothモバイルキーボードのAmazonでの相場価格は1000円台から3000円台で、高いものだと5000円以上するものもあります。

私がK380を買ったときは2800円なため、モバイルキーボードとしては安い方だと感じました。

下記にも書きますが、打鍵感やデザイン、機能性などが良いために3000円いかないで買えるのはかなりコスパが良い商品です。

打鍵感が値段に反して良い

私がK380を購入した大きな理由は打鍵感が良かったからです。

安いモバイルキーボードには打鍵感が安っぽいものが多く感じますが、K380は値段に見合わないほど打鍵感が良いです。

モバイルキーボードなので文字盤は薄めでペチペチ感はありますが、それでもちゃんと『打ってる感じ』が得れれるのでタイピングが楽しいです。

文字を書く仕事をしている人は、打鍵感の良さで仕事が捗るなんてこともあるかも(私はこれですw)。

強くタイピングしても音がうるさくない

打鍵感の良さもさることながら、打鍵音が小さいというのもこのキーボードの魅力。

モバイルキーボードって外で使うことが多いから、音を気にしてしまいますよね。

K380は打鍵感が小さいので周りを気にしながらタイピングする必要がないです。

でもだから「カタカタカタ!ターンッ!!」ってめっちゃタイピング音を響かせて『仕事してる感』を出したい人にはおすすめしません(笑)

3つの機器に同時接続できる

Bluetoothキーボードって同時に一つの端末にしか接続できないから、複数の端末を一つのキーボードで同時に使うときに切り替えがめんどくさかったりしますよね。

K380なら一度に3つまで同時接続して、ボタン一つですぐに切り替えられるのが良いとこと。

一気にモバイル端末を3つ並べて『作業用』『調べ物用』『動画・音楽用』と振り分ければ快適に作業ができますね。

デザインがかわいい

私がK380を気に入っている理由に『デザインのかわいさ』も含まれます。

ロジクール製品全般に言えることなんですが、デザインにはこだわりを感じます。

主に外出先で使うので、どこで使っても恥ずかしくない良いデザインです。

iPhoneやiPadとのデザイン的親和性も○。

スタバでMacドヤァするよりも、iPadとこれでドヤァする方が安上がりだし通な感じもします(笑)

色は『グレー』『ブルー』『レッド』の3種類ありますが、私は無難なグレーを買いました。

でもブルーでもレッドでも色合いがいいのでどれにするか迷ったんですよね……。

もし壊れたら次はブルーを買ってみようかなと思います。

ロジクールのキーボード『K380』の悪いと思ったところ

悪い部分は今のところあまり感じていないですが、気になったところは数個あります。

それは

  • 文字盤が丸いから最初は慣れずに打ち間違える
  • ちょっと重い
  • 電源が乾電池式

です。

K380のキーボードの文字盤は丸いので、今まで四角い文字盤に慣れている人はちょっとばかし打ち間違いやすいと感じます。

今でこそ馴染みましたが、私も最初は慣れませんでした。

少し重いので持ち運びの際はちょっと不便かも?

しかし逆にそれが安定感を生み出していて、快適な打鍵感を感じられるようになっているのでしょうがないのかな。

電源は充電式ではなく電池式。

でも個人的にはいちいち充電する手間がないのが逆に良いと思いました。

単4電池を二本で最長2年も保つし、大事なときに電池が切れたら電源やコードを探すのではなく近くの店で電池を買えばいいだけなのでこっちの方がいざというときに安心です。

ちなみに電池は買ったときにすでに入っているところも○です。

上記のように、気になったところは数ありますが今のところはそんなに不便には感じていません。

まだ買ってから一ヶ月しか経っていないので、悪いところを見つけたらどんどん追記していきたいと思います。

同じロジクールの『K480』は微妙だった件

私はK380を買う前、Bluetoothモバイルキーボードについて色々調べていくうちに気になって実機を見に行くために店舗まで行きました。でもちょうどK380の実機だけが置いてなく打鍵感を試すことができなかったんですよね。

それでも同じロジクールの『K480』という機種は置いてあったので試しに触ってみました。


ロジクール ワイヤレスキーボード K480BK Bluetooth キーボード ワイヤレス 無線 Windows Mac iOS Android Chrome K480 ブラック 国内正規品 2年間無償保証

しかし打鍵感がなんとも安っぽい感じで、とても購入しようとは思えなかったんですよ。

K480はK380と違い、スマホやタブレットを立てるための溝が付いているのでそこは良いと感じたんですが、打鍵感が合わないという一点で見送りました(値段もK380より高いし)。

K380とK480は名称が似ているので、打鍵感も同じなのかなと思い「K380もやめようかな」と思った矢先、別の店舗でK380を発見。

打鍵感は全然違いました。

打鍵感はK480よりもK380の方が遥かに良いことがわかりました。

もちろん感じ方の個人差はあるでしょうが、K480は安っぽくてK380の方が高級感があると感じたんです。

数字がK480の方が上なので上位機種なのかと勘違いしていましたが、実は販売されたのはK480の方が先であり、K380の方が新機種だったんですよね。

もしK380ちK480のどちらかを買おうかと悩んでいて、K480の方が最新だと勘違いして買おうとしている人は今一度考え直した方がいいかもしれません。

実機を触ってみなければ合うかどうかはわかりませんが、正直K380の方が個人的に良かったですから。

何にしてもお近くの店舗で触り比べてみれば言っていることがわかるはずですから。

まとめ

ロジクールのBluetoothモバイルキーボードK380のレビュー記事を書いてみました。

Bluetoothのモバイルキーボードってたくさん売ってるから何を買ったらいいか悩むものです。

安さで選ぶべきか、機能性で選ぶべきか、デザインで選ぶべきか。

個人的にその全てを両立できているのがK380だと思いました。

ロジクールって良い会社なのかもしれませんね。

次キーボードを買うときも候補に入れておきます。


ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380BK Bluetooth K380 ワイヤレス マルチOS: Windows Mac iOS Android Chrome

タイトルとURLをコピーしました