Amazonは信用できなくなった!?サクラレビュー粗悪品の見分け方を解説

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
こんにちは、ユウスケ(@hsporz)です。

Amazonって商品豊富だし安いし最高のネットショッピングサイトですが、最近「信用できなくなった」という声が相次いでいます。

それはなぜかと言うと、中華製品業者などによるヤラセレビューによってAmazonが汚染されているからです。

この記事ではAmazonが中華製品業者のヤラセレビューによって信用できなくなる経緯Amazonで安心して良品を買うコツを書いていきます。

スポンサーリンク

Amazonが信用できなくなった理由。中華製品のサクラレビューが多すぎて信用ガタ落ち

Amazonの商品レビューが信用できなくなった理由は、主に中華製品の業者がヤラセレビューを大量に投稿するようになったからです。

ヤラセで高評価にしているため、一見するとみんなが良いものだと認めた商品にも見えます。

そのうえ値段も他よりも破格の安さだったりするために衝動買いしてしまうこともあるでしょう。

しかしその実は粗悪品だったりすることが多いので、まさに安物買いの銭失いとなってしまうわけです。

そんな事案が横行しているために「Amazonのレビューが信用できなくなった」という声が各所から聞こえてくるようになったというわけですね。

Amazonレビューの信用できない中華粗悪製品を見分けて買う方法

業者のヤラセレビューを見抜くコツは日本語の正確さを見ることです。

一見日本人が投稿したレビューに見えるものでもところどころ普通の日本人だったら使わない文法や言葉遣いが見て取れます。

レビューだけでなく、商品自体の説明文や画像の文字表記も注意して見てみましょう。

例えばアイマスクで検索したときは中華製品が大量に出てくるわけですが、以下のような日本語表記がおかしい商品説明画像も多いです。

Amazonは信用できない? Amazonは信用できない?

もし???な表現がされている商品があったら警戒するようにしましょうね。

さらには以下のようなやり方でサクラレビューを調べる方法もあるようです。

しかし個人的に思うのは、最近だとメーカー名をちゃんとタイトル先頭に書いているけどサクラレビューが多い中華製品も多くなってきたということです。

手を変え品を変え業者は三流品を売りつけようとしてくるんですよね。

注意しましょう。

中華製品を排除!『サクラチェッカー』のフィルターで調べてから買おう

「いちいち商品説明欄とか調査して買うのがめんどくさい!」という人は、『サクラチェッカー』というAmazonのやらせサクラレビュー商品を見抜くサービスがあるので使ってみましょう。

使い方は簡単。

サクラレビューのサイトを開いたら、検索窓に調べたいAmazon商品のURLを入力してGoボタンを押すだけ。

それだけで6つの項目から商品の安全性を確認してくれます。

例えばSONY製品であるウォークマンを調査すると以下のようにサクラ度が0%で表示されますが、

Amazonは信用できない?

よくわからない中華製品だと以下のように高いサクラ度が表示されます。

Amazonは信用できない?

サクラチェッカーを参考にAmazonでは注意して買うようにしましょうね。

粗悪品を見分ける最善策は『ネームバリューのある企業のものを買うこと』

上記に挙げたサクラチェッカーも万能ではないし、業者は今後も策を練って良い商品だと偽る方法を試してくるでしょう。

そのためにどうしても中華製品の三流品を掴まされることになる可能性は捨てきれません。

そんな安物買いの銭失いを防ぎたいのなら、やはりネームバリューのある企業のものを買うことを勧めます。

世は信用の時代に突入しましたが、まさに企業の信用が試されるようになるわけです。

中華製品は安くて良さそうに見えるものも多いです。

だから欲が出て安い方を買ってしまいがちになることは理解できますが、それで逆に損をしたのなら元も子もないはず。

多少高くても信用のある企業のものを買うことが、これからAmazonで買い物をするうえで大切なことなのかもしれませんね。

以下はAmazonで『イヤホン』と検索したときに出てきた商品ですが、あなたならどっちを買いたいと思いますか?

Amazonは信用できない?

左側の商品はハイレゾ高音質でマイク付き、さらに5%オフのクーポン付き。

右側の商品はSONY製品であること以外は突出した特徴はありません。

2つとも同価格帯なため、機能性が優れてそうでクーポンもある左側の商品を買ってしまいそうになりませんか?

でも左側の商品っていわゆる中華製品なんですよね。

それだけで粗悪品とは言い切れないんですが、レビューをよく見てみると故障が相次いでいたりと不安要素が多かったりします。

左側の中華製品には『Amazon’s Choice』の表記がありますが、Amazon’s Choice自体にあまり信用がないので「Amazonが認めてるなら安心かも」とかは思わない方がいいかも。

レビューも日本語表記がおかしいものも散見します。

以下はレビュー例の一つ。

私は新しい携帯電話を交換した後、初めてこの2ユニットのイヤホンを買ってみました。

包装を取り外したときは、外装の手作りケースがきれいで、ヘッドフォン本体も簡単で、金属の材質が高級感を感じています。

一番大切なのは、イヤホンが出た音質が大好きで、低音から高音までバランスのとれた音質が好きです。

以前は安い配送ヘッドを使っていましたが、これを体験した後は、これまでのイヤホンを使っていませんでした……。

この値段で、満足です。

ところどころ日本語がおかしいですよね(笑)

???な表現目白押しです。

名の知れた、それも日本企業のSONY製品であるのなら安心して買うことができますよね。

自分で製品の良し悪しを買う前に判断できないのなら、やはりネームバリューで買うのが一番効率が良いんです。

もしサクラのヤラセレビューで粗悪品を掴まされたら無料返品を活用しよう

Amazonではほとんどのもので無料返品を受け付けています。

私も「これはあまりにも……」と思ったものは返品するようにしています(用心深く購入を決定するたちなのでその機会は少ない方ですがね)。

もしあなたが三流品を掴まされて失敗したと思ったら返品を検討してみましょう。

Amazonは懐が深いので受け付けてくれると思います。

しかしあまりにも返品しすぎるとブラックリストに入れられてしまう可能性もあるために、試しに買って駄目だったら返品という方法は避けましょう。

返品できるからといって自分の信用度を落とすことになりかなませんから。

返品は最終手段として考え、製品の良し悪しは買う前に判断できるようになりましょうね。

まとめ

Amazonが信用できなくなる理由とその対策について書いてみました。

中華製品のサクラレビューによってAmazonの信用度は落ちてきてきましたが、私はこれからもAmazonを使い続ける予定です。

だってAmazon以上に使えるネットショッピングサイトはないんですもの。

それにAmazonプライム会員だからよりその恩恵を得られる環境にありますからね。

Amazonが信用できなくなるのはAmazonのせいじゃなくて業者のせいなので、Amazon自体は信頼を置いても大丈夫だと思います。

Amazonで粗悪品を掴まされないように注意しながら、より良いAmazonショッピングを楽しんでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました