『服を買いに行く服』を手に入れよう!入りにくくない服屋を紹介

服を買うライフハック

いくらイケてる人であっても、センスも清潔感もない人はダサいという烙印を押されてしまいます。

でもおしゃれな服を買おうと思っても、おしゃれな服が売ってるところってダサい人には入りにくいです……。

特に『服を買いに行く服』みたいな少しでもちゃんとした服を持っていない人にとっては。

今持っている服がダサくても入りやすく、かつ値段が安い場所をピックアップしてみました。

まずは服を買いに行く服を手に入れよう!おしゃれ初心者が服を買うべき場所

UNIQLO

UNIQLOがダサいだとか言っている人もいますが、現在はそんなことありません。

逆にコストパフォーマンがよくとても優れたブランドだと私は思います。

最近は若干高めの商品も多くなってきていますが、その分品質も向上しています。

UNIQLOはシンプルなものが多い印象ですが、シンプルイズベストとはよく言ったもので、シンプルコーデにこそおしゃれの本質が眠っていると思います。

しかしシンプルすぎるのも困りものなので、他の場所でデザインの凝ったアイテムを買うのもいいでしょう。

UNIQLOは敷居が低いファッションブランドで、男が一人でも安心して買い物できます。

服を買いに行く服』を買うのに最適と言えます。

GU

UNIQLOを運営するファーストリテイリングが、若者向けのデザインでユニクロより安価で商品を提供するのがこのブランド。

UNIQLOよりも安価であり、デザインもいいのでおすすめです。

一見おしゃれでダサいとは言えないのでネットでバカにされていたとしても気にしないでください。

マネキンのコーディネートをそのまま買って服のバリエーションを増やすのもありです。

こちらも敷居が低いファッションブランドなので、男一人でも安心して買い物できます。

H&M

ファストファッションといえばH&M。

時の流行を随時取り入れており、若者向けのファッションではよく使われるブランドです。

UNIQLOやGUよりおしゃれな雰囲気があって敷居が高く感じたりしますが、普通に入っても大丈夫なのでご安心を。

ネット通販

そもそも『服を買いに行く服』を買いに行く服すら持っていない人は通販一択でしょうかね(そんな人いるのか……?)。

まず店員がいるところが嫌だと感じる人にとっても通販はかなり魅力的だと思います。

何にせよ、通販も服を買いに行く服を買うには適しています。

AmazonやZOZOTOWNなど、通販では安く無難な服からブランドのイケイケな服まで多種多様に取り揃えられているのでいいですよね。

Amazonで買うときは男物の服で検索して、自分にぴったりであろうサイズの服を機械におすすめされるがままに買ってみましょう。

でも通販でズボンを買うのはやめた方がいいかも……。

裾上げができないためにめちゃ長い丈のものを履くことになってしまうので……。

ついでに靴も買いましょう

靴は服に合っていればなんだっていいですが、泥だらけだったり履き潰されていたりするのはダメです。

ダサい男は靴が汚かったりします。

どんなに服装だけをキメていても、靴がダメだと全てが台無しなのです。

これ、大事ですよ。

私自身、ファッションセンスは靴に表れるとすら思っています。

まあ『CONVERSE』の黒系の靴を履いていれば無難でしょうね。

それを高いと思うのなら上記に挙げた店で何にでも合わせられる黒系の靴を買いましょう。

でも靴だけは有名所のものを買っておいた方がいいと思うんですけどね。

『服を買いに行く服』を買う最低限な注意点。自信がないのならマネキン買いがベスト

服には適切な組み合わせというものがあります。

全身真っ黒だったり、アイテムごと全て違う色にしたりって、ちょっと変ですよね。

全身真っ黒でもシックに決めることもできるし、カラフル過ぎてもおしゃれに見せることもできますが、ダサいと常日頃から言われる人には難しいでしょう。

それからいくら誰が見てもセンスがある服を買っても、自分に合ったサイズじゃなかったら一気にダサくなります。

サイズが大きすぎてダボダボでもダサい。

サイズが小さすぎてチンチクリンでもダサい。

良い服を見つけたのなら値段よりもまずサイズを確認してください。

自分の丈幅なんかがわからない人はあらかじめ測っておいた方がいいですね。

ま、マネキン買いすれば万事解決なんですけどねw

マネキンがダサいなんてこと稀中の稀なんで。

ついでに髪も最低限な外出用にチェンジ

髪型はおしゃれを語る上で重要な要素の一つです。

服や靴でキメていても、髪がボサボサだったりフケが出ていたりすると台無しになってしまいます。

自分に似合わない髪型だと急にダサく見えてしまうので注意です。

髪がくせ毛だったり天然パーマだったりすると思うような髪型になりませんよね(髪が伸びてくるとボワッと広がってモサモサになってしまいます……)。

髪を伸ばしたいくせ毛な人は縮毛矯正やヘアーアイロンを使うことを薦めます。

清潔感って大事

ファッションの基本は清潔感です。

可愛い女の子を見つけたとして、その娘が不衛生だったら引きますよね。

それと同じで、あなたがどんなにかっこいい服装をしていても毛玉が大量についていたり、肩ら辺にフケがついていたら「なにあの男、汚い」と一気に冷めてしまいます。

出かける前に一手間加えましょう。

さて、まずどんなにかっこ良い男でも、肩にフケが付いていたら印象最悪です。

フケが出ないようになるべく毎日シャンプーはしましょう。

普通のシャンプーではフケを抑えることができない場合、フケとりシャンプーというものも市販されていますので活用してみてください。

そしてニキビがあると、どうしても不摂生に見えてダサい印象を与えてしまいます。

肌が綺麗なだけでかっこ良く見えたりもするので、ニキビがある場合はすぐにでも治しましょう。

男のニキビは不摂生な生活から生まれるので生活習慣を見直すなどしましょうね。

どうせなら立ちふるまいも良いものにしましょう

どんなに良い服装をしていたからといって立ちふるまいがダサかったら何もかも台無し。

スマホやパソコンを使う現代人は猫背になりがちです。

猫背になると顔が内向きになり、身長も低くなってしまいます。

一度なってしまうと治りにくいので、まだなっていないのなら姿勢には注意しましょう。

猫背になってしまっていても習慣や矯正法で治すこともできます。

歩き方がダサかったらただの不審者です。

事案発生する前に直しましょう(笑)

自信があるように堂々と歩きましょうね。

視線を下にむけていると自信がないように見えてしまいます。

他人と話すときも相手のことを見ていなかったときも同様です。

歩くときは正面を向き、人と話すときは相手の目を見ましょう。

相手の目を見るのが苦手な人は相手の顔下半分を見るようにするといいかもしれません。

挙動不審はダサいの代名詞です。

自身がなくても自信満々に振る舞うことが大切なのです。

最後にファッション感について考察

『あの人おしゃれ』とか『ファッションセンスある』とか言われるのは嬉しいものですが、個人のファッションセンスやおしゃれ感というものは千差万別なんです。

だから誰かがダサいと思った人でも誰かがおしゃれと思う人もいる。

基本を押さえていなかったり清潔感がなかったりする以外なら、何を着たってぶっちゃけおしゃれなのです。

一般受けするファッションをおしゃれとするならば、パリコレなんかで『人間を着たり』しませんからね(笑)

特に男の服は女物よりも高めなので服はあまり買わないなんて人も多いと思いますが、少しこだわるだけで周囲の見る目が変化するかもしれませんよ。

ダサいだなんて烙印を押されているのなら、まずは上記にあるような事柄を試してまずは『普通』になることから始めてみてください。

まとめ

『服を買いに行く服』を買うべき場所からそれについての備考を書いてみました。

「ファッションってなんなんだ!?」と思っていた昔の私に見せてやりたい記事です……。

とりあえず服を買いに行く服があれば、どこにいってもとりあえず普通に見てもらえるようになりますよ。

おしゃれなんて最初は無難なものでいいんですよ。

自信がついたからといってイキって逆にダサくならないようにしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました