スマホでブログ記事執筆のすすめ。フリック入力できればPCより快適

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
こんにちは、ユウスケ(@hsporz)です。

私は今までブログ記事はPC+物理キーボードの一択だったわけですが、最近になってスマホでのフリック入力の方がある意味効率的なのではないかと思い始めました。

もちろんキーボードの方が入力しやすくできることも多いんですが、リラックスして書くには圧倒的にスマホでのフリック入力の方が有用なんです。

スマホのフリック入力による執筆の良さを教えるので試してみてください。

スポンサーリンク

スマホでブログ記事執筆してみよう!フリック入力できればPCより快適

スマホでブログ記事執筆するメリットは『リラックスした寝姿勢で書けること』

リラックスした状態で執筆できること。

これが私がスマホフリック入力で書こうと思った最大の理由です。

キーボード入力だとどうしても姿勢を正さなければならないですが、スマホだと寝転がりながら片手でも操作できるのでリラックスして記事を書けるんですよね。

私にとってこれは盲点でした。

記事を書くときはいつもデスクの椅子に腰掛けて

のですが、ベッドに横になって軽いメモアプリで書いてみたら思いのほか執筆が捗ったんですよ。

そしてフリック入力を体得していれば執筆スピードもキーボードと遜色ないくらいの速度で文字入力できるものです。

今まではキーボードこそが執筆の最強端末だと考えてきましたが、それも固定観念だったようですね。

スマホのフリック入力での執筆をするときは、ストレス対策にも文字変換が上手くいくように設定しておきましょうね。

おすすめは『Simeji』という文字変換アプリの導入です。有名なので入れている人も多いと思いますが。

そしてスマホというものはだいたいいつでも所持しているものなので、スキマ時間に書くということもできるんですよね。

ちょっと数分暇になったときはスマホをいじり始めてしまいますが、そんなときは執筆に時間を使ってみてください。

意外と短い時間でも書けたりしますよ。

ホリエモンでお馴染みの堀江貴文さんも、スマホさえあれば大体のことは事足りるということを発言していました。

私は最初は言い過ぎだろと思っていたわけですが、最近デスクでの作業がだるくなってきたのでスマホフリック入力による記事作成を始めてみたら楽も楽で。

やっぱ固定概念って悪だわ。

スマホフリック入力のデメリット

スマホフリック入力を有用だと見直したわけですが、依然として欠点は感じています。

まずは画面を見ながらじゃないと使えないということです。

キーボードのようにブラインドタッチができないので、目が疲れるんですよね。

そしてキーボードならブラインドタッチで何も見ずになんとなくでタイピングできたりもしますが、それもできないので常に集中していなければなりません。

次に記事の校正や編集には向かないということも挙げられます。

この記事の大部分はスマホのフリック入力によって書きましたが、誤字脱字の校正や見出し付けや補足はPCによって行っています。

スマホでは文章を書くこと自体は優れているんですが、それ以外だとインターフェイス的な観点から見て細かいことを行うことが不利です。

記事を書くときは、まずスマホでリラックスしながら書きたいことを書き出し、そのあとに校正や編集をPCで行うようにするとスムーズに行くと思いますよ。

最後に、ある程度のスマホスペックがないと入力にストレスを感じるということです。

数年前発売のAndroid端末でのフリック入力って遅延がかなりあるのでストレスたまりまくりです。

その点、iPhoneシリーズだと型落ち品でもある程度ヌルヌル動くのでおすすめですよ。

私は今、iPhone5sで書いていますがそこそこ快適です。

iPhone5s以前の機種はどうか知りませんが、簡単な入力作業においてはiPhoneシリーズはコスパ最強なのかもしれません。

iPhone5sはもうすぐサポートがきれそうですが、記事作成専用端末と考えればかなり安く手に入れられるのでおすすめです。

最新のiPhoneで安く買いたいのならもうすぐ発売されると言われるiPhoneSE2がいいかもしれません。私もiPhoneSE2は買うつもりです。

まとめ

キーボードのブラインドタッチができるからこそキーボードが最強だと思ってきたわけですが、フリック入力に慣れたらスマホでの執筆にもメリットを感じることができました。

ブログを書くのがめんどくさいと感じている人は、ぜひともスマホで書く習慣をつけておきましよう。

その際にはフリック入力が必要不可欠なので、フリック入力は普段から心がけマスターしておきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました