糖質制限で花粉症が治るっぽいので実践!確かに改善した!治った人もいるらしい

糖質ライフハック

花粉症ってつらいですよね……。

ポピュラー過ぎるがゆえに軽視されがちな花粉症ですが、アレルギー症状なのであって、本当はもっと深刻に考えるべきなんですよ。

それも空気に花粉があるだけで発症してしまうのだから他のアレルギーよりも被害は甚大なものです。

そんなつらい花粉症は糖質制限をすれば治るないし軽減するという情報を発見しました……!

実際に試してみたところ、確かに症状が軽減したことを報告しておきます。

糖質制限による花粉症対策について書き記していきます。

糖質制限で花粉症は6割は改善or治るらしい

情報によると、糖質を制限することによって花粉症は6割ほど治るらしいです。

なんでも糖質を摂ることによる血糖値の乱高下により花粉症は悪化していくんだとか。

それを抑えることができたのなら花粉症の症状も次第に治まっていくと。

そして糖質制限の第一人者である夏井睦医師による糖質制限に関するアンケートによると、6割の人が糖質制限により花粉症が改善or治ったという結果が出ていました。

糖質の供給過多によって花粉症患者が増えているんだとしたら、花粉症が現代病になった所以も理解できますね。

ちなみに縄文時代も花粉飛散量は現代と変わらなかったそうですが、果たして縄文人は花粉症だったんですかね?

もしかしたら糖質過多な食事じゃなかったとすれば、花粉症なんて無縁だったのかもしれませんね……。

我々は古代人に学ぶべき時期なのかも。

花粉症を治すため糖質制限を実践してみた!確かに症状軽減した!

半分以上に良い結果が出たってんならやらなきゃ損ということで、さっそく糖質制限してみました。

結果は冒頭に書いたとおり『症状が軽減』しました。

アレグラなどの薬やじゃばらサプリを使っていない時期だったので、糖質制限が花粉症の症状軽減に一役買ったものだと思われます。

私の方法としては二週間ほどご飯やパンなどのいわゆる炭水化物を一切断つというものです。

糖質を一日60グラムまで抑えることをスーパー糖質制限と言い、このやり方が一番早く効果を実感しやすいんだとか。

私はスギ花粉症を患っているものの、軽度なため効果があったのだとも言えますが、確かに症状は軽減したんですよ。

だから実体験から言えば、効果はあったと言えます。

ちなみに二週間スーパー糖質制限したあとは反動で元の食生活に戻してしまったわけですが、それまで抑えられていた花粉症が一気に爆発してくしゃみ鼻水寝起きの悪さなどが再発してしまいましたとさ。

重度イネ花粉症のため、本当の効果は6月にわかる

私は世にも珍しい(?)イネ花粉症を患っています。

多くの人はスギ花粉による花粉症が主でしょうが、マイナーな花粉症として6月頃から発症するイネ花粉症なるものもあるんですよ。

スギ花粉症が軽度なため、糖質制限も即効性を発揮したとも言えなくもないです。

そのため本当の効果を知れるのは6月のイネ花粉の時期だと思っています。

5月下旬辺りから本格的に糖質制限をしようと思うので、結果のほどは7月始めらへんにお伝えしたいと思います。

花粉症持ちの方は楽しみにお待ち下さい。

過度な糖質制限が無理な人はロカボ(おいしく楽しい適正糖質生活)から始めてみては?

糖質制限が花粉症軽減に一役買うことはわかったんですが、その糖質制限ってそれ自体が結構つらかったりするんですよね……。

旨いものには大体糖質が含まれているものだから、それを我慢しなればならないのはほんとにつらいです。

だから最初からスーパー糖質制限はしなくてもいいかと。

まずは人体にとって適正な糖質を摂るようにする生活(ロカボ)から始めることを勧めます。

菓子パンやお菓子でも低糖質なものは売っていたりします。

どうしても糖質を我慢できないという人には嬉しい食品なんですよね(ちょっと高いですけど……)。

ロカボによって何からの効果を実感できたのなら、そこからスーパー糖質制限へと歩みを進めればいいんです。

まあでも過度な糖質制限のやりすぎも危ないとのことなので節度は守って実践しましょうね。

まとめ

思えば私は毎日のようにお菓子を食べていたり、ラーメンをおかずにしてご飯を食べていたりと高糖質な生活を長らく続けていたと思います。

だから花粉症を発症しても何らおかしくはない状況だったんですね……。

これからは食生活を根本から見直して、花粉症と正面から向き合おうと思います。

タイトルとURLをコピーしました