視力は眼帯トレーニングで治る!?大人が視力回復を目指す方法を解説&考察

眼帯トレーニングライフハック

視力というものは訓練することで良くなる可能性があるようです。

近視になってしまう経緯と同じで近くを見るすぎることで近視になったように、遠くを見る訓練をすれば近視が治り、遠くが見えるようになっていくというわけです。

その訓練をする場合は、片目のに眼帯を付けてトレーニングし続ければ良くなりやすいかもっていう記事です。

 

視力は眼帯でのトレーニングで改善できる!?

禁止になった原因が『近くを見すぎたこと』なら、逆説的に『遠くを見ること』を徹底すれば視力悪化は改善できるということではないでしょうか?

そして視力訓練というものは片目ずつ行うことが鉄則らしく、視力訓練の効果も高まるのだそう。

実際に、私が視力訓練するときも両目でしたときよりも片目ずつしたときの方が目の筋肉を使っていた感覚が大きいです。

そんな片目で視力訓練するために最適なものと言えばやはり眼帯(アイパッチ)ですね。

百均に行けば医療用眼帯や簡素なコスプレ用眼帯など手に入るし、ドラッグストアなら貼る眼帯も売ってます。そしてネット通販なら安くどんな種類でも揃っているのでお手軽ですよね。

まずは一つ眼帯を手に入れて訓練してみることを勧めますよ。

私自身は訓練をサボりがち&強度近視なために、目に見えた大きな効果の程は感じられていませんが、眼帯トレーニングを続けているときは二重に見えるものの遠くの文字が一瞬だけくっきりと見えるようになったりしました。

続ければもしかしたら治るのかもしれませんが、かなり根気が必用みたいですね……。

でも私は頑張ってちょっとずつ訓練し続けるつもりです。

ちなみに、めんどくさがりで今すぐ治したいという人なら、ICLなどの視力矯正手術の方が手っ取り早いですよ。

眼帯トレーニングのやり方

私自身、決まりきったトレーニング方法はありませんが、つまるところ『片目に眼帯を付けてしばらく過ごす』ということに限ります。

眼帯トレーニング中は悪い方だけの目で過ごすことになるので注意して生活し、外にでるときはメガネをかけて周囲に注意して行動しましょう。

生活があまりに不便と感じるのなら、度数が完全矯正されていないメガネなんかをかけるのがいいかもしれません。生活する上でギリギリ必用なものが見えるという度数が最適です。そうすることで片目が必死に見よう見ようとするので目の訓練になるんですよ。

部屋の中のものを凝視してみたり、窓の外にあるぎりぎり見えるものをぼんやりみたり、いろいろなやり方で訓練するのが近視改善のコツかもしれません。

でもあまり長時間片目で過ごすと疲れてしまうので、一時間頻度で眼帯を外すようにするなど、無理のない眼帯トレーニングをしましょうね。

おすすめの眼帯

眼帯トレーニングで使用するおすすめなのは、

  • 医療用眼帯
  • 貼る眼帯
  • メガネにつけるアイパッチ
  • コスプレ用眼帯

です。

4つほど挙げてみましたが、それぞれに使用する機会などが違います。

医療用眼帯と貼る眼帯は外に出かけるときなんかに付けます。医療用眼帯だとそれほど奇異の目を向けられることもないので外で目の訓練をする際にはおすすめです。

 

貼る眼帯は医療用眼帯の耳掛け紐が邪魔だと感じる人におすすめ。でも夏場なんかは蒸れが酷いので、そこは使い分けましょう。

 

メガネにつけるアイパッチは、医療用眼帯や貼る眼帯が夏場蒸れるときなんか活躍します。

メガネの片目側に装着するので肌に密着することがなく、眼帯装着時の違和感が嫌な人にもおすすめです。

でも目に光が入りやすいので視力訓練用としては最善ではないかも?……と思っていましたが、とある方法を使えば入り込む光を最小限にすることができたので最善となりえました。

その方法は別記事で。

 

コスプレ用眼帯は何気に私が一番使っています(笑)

主に家にいるときにしか使えませんが、片目に入る光をしっかり防護してくれます。

黒いものが多いので片目だけでものを見る感覚を手に入れられます。

以上のものを時と場合によって使い分けましょうね。

 

子供なら視力回復する可能性が高い

私が近視になったのは子供時代です。

小中学校の頃は軽度だったのですが、ケータイを手に入れた高校時代に片目だけ近視が一気に加速しました。

片目だけが強度近視になってしまったことによっていろんな弊害はできてしまいましたが、ほっておいてしまったんですよね……。

さて、そんな近視というものは子供時代はなりやすく、そして治りやすいと思われます。

体が成長しきっていないために、変化がしやすいんですよね。

幼少期なら眼帯(アイパッチ)での矯正ですぐ治る見込みがあるようですし、高校生くらいまでなら眼帯トレーニングすればある程度早く改善できるんじゃないかなと私は思っています。

私のような成人した強度近視だと、ちと時間と苦労を要してしまうので、なるべくなら子供であるうちに矯正しておきたいものです。

まとめ

視力回復するかもしれない眼帯トレーニングについて書いてみました。

特に片目だけ近視な人(不同視)なんかは、今回説明した眼帯等トレーニングが一番が一番だとおもいますよ(私はこれです)。

視力回復をがんばっていきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました