睡眠は最高の現実逃避ツール!仕事のストレスがつらいなら寝るが良し!

睡眠ライフハック

現実世界にはつらいことがたくさんあります。

子供も大人も嫌なことがない人生なんてありません。

しかしあなたが今直面している現実というものも、逃げ道はあるものです。

この記事では、寝ることによって簡単で手軽に現実逃避できるといったことを書いていきます。

つらいなら寝て現実逃避しよう

つらいことがあるのなら寝ることによって現実逃避してしまいしょう。

起きているとあれこれ考えてしまうのは仕方のないことです。

私も嫌なことがあると一日中考え込んでしまってそりゃあもう地獄ですわ……。

そんな現実でつらいことがあったとき、私はすぐに寝るようにしています。

というか嫌なことがあると眠くなるんですよ。

そして眠りにつくのが気持ちいいのなんのって。

寝るのって気持ちよくないですか?

私のように寝ることが好きな人間じゃなくても睡眠とは気持ちが良いもののはず。

そして寝ることによって悩みから解き放たれまさに現実から逃避することができます。

起きたときにはスッキリしていて悩みもいくらか軽くなっていることもありますよ。

とりあえずつらいことがあったならまず寝て現実逃避しましょうや。

まあ、嫌なことがあったあとに寝るとその出来事を引きずって嫌な夢を見ることもあるんですけどね……。

逃げることは悪ではない

逃げることだいけないことだという考えが日本には根強くあります。

しかし逃げること自体は悪ではありません。

ていうか絶対に逃げない人間なんているんですか?

隕石落ちてきたら誰だって逃げるでしょ?

いちいちエンカウントしたモンスターと逃げずに毎回戦う勇者なんているんですか?

逃げなきゃ効率よく生きることはできませんよ。

現実逃避とはそのまま現実から逃避することですが、それをネガティブに捉えすぎている人が多いように感じます。

逃げていいんです。

最適な睡眠環境を用意して最高の現実逃避を!

人生生きていて嫌なことはたくさんあります。

だから現実逃避したくなることもたくさんあるでしょう。

そのたびにベッドに逃げ帰って寝ることがあると思いますが、どうせなら最高に心地良い現実逃避環境にしましょうよ。

ベッドはなるべく良いものを買って、布団も季節に合った最適で肌触りの良いものを用意しましょう。

もうよだれが出るほど気持ちよくなるものですよ、ぐふふ……。

まとめ

寝ることは簡単で最適な現実逃避法だということを書いてみました。

毎日寝なければならないのは遊ぶ時間とかなくなって嫌なときもありますが、睡眠というものは一つの娯楽だと考えれば我慢もできます。

仕事や学校で嫌なことがあったときは、寝ることによって現実逃避してみるのも悪くないものですよ。

でも寝すぎには注意です。