片目だけでものを見るのは危険!スマホ普及で視力差のある人が増加!?

片目だけで見るライフハック

スマホが全世代に普及した現代は、寝転がってスマホをいじる人は多いと思います。

そして横になり片目だけでスマホを見ているという人も多いと思いますが、実はそんなスマホ利用には危険が潜んでいるんですよ……。

片目だけでものを見すぎると、片目だけの視力が落ち、左右の視力差が大きい不同視という状態になってしまうんです。

不同視ってかなり不便だったりするので、片目スマホを習慣化してしまっている人は今からでも改めた方がいいです。

この記事では今現在強度不同視である私が

  • 片目だけでものを見続けることの危険性
  • 不同視の不便さ
  • 最適な不同視矯正法

を書いていきます。

片目だけでものを見続ける危険性と不同視の不便さ

片目だけでものを見るようにしてしまうと、どちらか一方の視力ばかり使うことになり片目の視力だけが落ちてしまうのです。

特に横向きに寝転がり、布団側の片目を埋めて見えないようにしてスマホを使ってしまうと片目だけ近視になりがち。

……私の場合がそうでしたから……。

そんな状態を続け、片目だけが近視になってしまうことを不同視(ガチャ目)といいます。

片目だけでものを見る癖がついてしまうと片目近視である不同視になってしまうわけですが、不同視になると結構不便なんです。

私はマジモンの片目強度近視の不同視であり、それがどれだけ不便かについてはよく知っているつもりです。

まず、不同視になってしまうと視力差が酷いために普段から見え方がおかしいです。

強度不同視ともなると、どちらの目に焦点を合わせたらいいかが無意識的にわからなくなるために常時ぼやけた視界になってしまうのです。

そして矯正しようにも、普通のメガネでは完全矯正することができません。

片目だけの視力が悪いために、片目だけに厚いレンズを入れることになるのですが、片方のレンズだけ厚いた物の大きさが左右で違くみえる不等像視という現象が起こってしまいます。

それが眼精疲労や頭痛の原因ともなってしまうんですよね。

なのでメガネでの完全矯正はほぼ無理と言っていいでしょう。

実体験から来る意見なので参考になるでしょ?(笑)

最も効率の良い矯正法はコンタクトレンズを入れることですが、花粉の時期などどうしてもコンタクトを使うことができない日はあるものです。

それにコンタクトというものは基本寝るときは外さなければならないものです。

だから毎朝付けるわけですが、面倒くさいし寝起きすぐの視力がガッチャガチャだと気分も下がってしまうものです。

不同視がどれだけ不便かお分かりいただけましたか?

スマホを子供でも使っている現代、どんな人でも不同視になりやすい環境とも言えます。

そして視力が悪くなる時期というものは子供時代が一番多いものなので、自らが子供であったり子供を持つ親であったりしたのなら目の使い方には注意して生活しましょうね。

【不同視矯正法】眼帯(アイパッチ)での視力訓練と視力矯正手術

メガネやコンタクトレンズなど一時的な矯正ではなく、不同視の完全矯正法には大きく二つのやり方があります。

一つ目は眼帯(アイパッチ)などで良い方の目を塞ぎ、悪い方の目を訓練して視力回復を目指すというもの。

二つ目は視力矯正手術を受けることです。

眼帯(アイパッチ)での視力訓練

眼帯などで視力が良い方の目を隠し、悪い方の目だけでものを見るようにすることで、片目の見る力を鍛えます。

一般的に視力訓練をするときは片目ずつ行うというのが鉄則だったりするので、片目ずつ訓練するというのは意外と大事なんです。

眼帯やアイパッチというものは様々売られており、通販やお近くの薬局などでも手に入れることは容易のはずです。

しかし視力というものは大人になると回復しづらくなる傾向があり、回復できたとしても強度近視の場合はかなり時間がかかるようなんです……。

根気がある人なら挑戦する価値はありますが、本当に回復するのかどうかわからないという感情と戦いながらの努力となります。

私も挑戦中ではありますが、目を酷使する仕事だったりサボってしまいがちだったりでまだ大きな効果は得られていません……(でもこれからも続けていきます)。

しかしそれは私が成人だから視力回復しづらいのだと思われます。

あなたがまだ成長期の子供であるのなら、眼帯での視力訓練は試してみる価値は大アリかと。

子供のうちならまだまだ視力回復する見込みは大きいため、意識して行いましょう。

なお、眼帯による訓練については別記事『 』に詳しく書いておきました。

視力矯正手術

大人になってしまと、視力訓練での視力回復が極端に難しくなってしまいます。

上記に書いた眼帯などによる視力訓練を行い実を結べばいいですが、多くの人は短期間で結果が出ないことから途中で諦めてしまうというのが現状のようです、

そこで大人になってしまった人は、手っ取り早く視力矯正手術を受ければいいんじゃないかなと思っています。

視力矯正手術はレーシックなど多種多様ありますが、その中でも私が一番いいなと思っているものはICLです。

ICLは要約すると眼球の中に永久コンタクトを入れ込む手術のことです。

ホリエモン推奨で指原莉乃さんや厚切りジェイソンら有名人も受けたことでお馴染みの視力矯正手術。

レーシックというものは術後は前の状態に戻すことはどうやってもできませんが、ICLなら眼球の中に入れた永久コンタクトを取り出すだけで元の状態に戻すことができるんですよ。

気になったらいろいろ調べてみてください。

まとめ

片目だけで物を見ていると大変なことになってしまうということがおわかりいただけたでしょうか?

片目だけ近視になってしまうとかなり不便になってしまうので、最大限注意して目は使いましょうね。

タイトルとURLをコピーしました