手っ取り早く会社から逃げる方法!退職代行でサクッと辞めよう

この記事は約5分で読めます。
こんにちは、ユウスケ(@hsporz)です。

突然ですが、この記事に辿り着いたということは、あなたは会社から逃げたいと考えているんじゃないですか?

でも「なかなか辞めさせてもらえない……」「辞める理由が思いつかない……」なんて状況にはありませんか?

ここではそんな社畜たちに、会社から手っ取り早く逃げる方法を教えます。

簡潔に言うと、その悩みは退職代行サービスを使えば一発で解決できるということです。

退職確率は100%で後腐れなく逃げられます。

会社から逃げたい人は退職代行で手っ取り早く辞めよう!

テンション

日本人の仕事で一番ポピュラーなのが会社員のため、会社員として働くのが苦手であっても会社に勤めている人も多いと思います。

基本的に会社員に向いていなかったり職務内容が嫌になった人は、精神を病んでしまうなんてこともよくあります。

私は「もう無理だ」と感じ今すぐ仕事を辞めたいと思ったことがありましたが、契約の問題だったり上司に言いくるめられたりしてすぐに辞められなかったことがあります。

そんなの会社の都合だし、無理言ってすぐに辞めることだってできたはずなんですけど、断れなくて少しの間我慢して仕事を続けていました。

今考えてもつらかったなぁ……って思いますよ……。

地獄の期間でしたねw

何度もバックレようかなって思ってました。

でも日本人のよくありがちな責任感からかそれもできなかったんですけどね。

そのあと無事に退職し、会社から出たあとの解放感といったらなかったですね。

今でも心の底から会社員を辞めてよかったと感じています。

そんな中で最近は退職代行サービスなるものが脚光を浴び始めています。

退職代行サービスとはそのまま退職作業を代行してくれるサービスなんですが、これを使うと手っ取り早くノンストレスで会社から逃げることができます。

『辞めることの報告』『退職金や有給休暇の確認』『離職票や雇用保険被保険者証の確認』など、退職時のめんどくさいあれこれを丸投げすることができます。

退職の悩みでよくありがちな『会社を辞める理由』も考える必要はなくなります。

直接退職の意思を伝える必要もなくなるので、引き止められる心配もありません。

『ちゃんとした理由がなければ会社は辞められない』という固定概念に縛られている状況ならばこそ利用するべき価値はあるかと思います。

そして基本的に退職代行サービスを使えば即日辞めることができます(退職成功率100%)

最大手なのは『退職代行EXIT』。

EXITなら退職時の心配事である『会社から本人への連絡』や『退職の親バレ』の心配もいりません。

安心して会社から逃げられるということですねw

つらくて今すぐにでも会社を辞めたいと感じているのなら、EXITのような退職代行サービスを使ってみるのが吉かと思いますよ。

私が会社員だったときに退職代行サービスがあったのなら、やっぱり使っていたんじゃないかなぁって思います。

それほど疲弊していましたから……。

過去の私と同じ状況にある人は、退職代行で手っ取り早く会社から逃げることを選択肢に入れましょう。

>>会社からの非常口『退職代行EXIT』

辞めさせてくれないからって一人でバックレるのはやめておこう

会社側に言っても辞めさせてくれないことは往々にしてあることでしょう。

でもどうしても会社から逃げたい……と、そういう状況にある人は早まって一人で抱え込んでしまい、ある日バックレという手段に出てしまうこともあるでしょう。

でも誰にも頼らずにバックレることのデメリットを知っていますか?

バックレを実行すると以下のようなことが起こる可能性があります。

  • 電話が鳴り止まないor家に来る
  • 損害賠償請求の可能性
  • 給料や退職金が未払いになる可能性
  • 懲戒解雇される
  • 転職が不利になる
  • 雇用保険の手続きが面倒になる

まず有り得るのが会社から電話がかかってきたり、最悪家にまで来るケースもあるようです。

バックレで逃げた人にとってこれほど怖いものはないでしょう。

私もこれが怖くてバックレはしませんでした。

雇用形態や責任の重さにもよりますが、損害賠償が請求されることもあります。

不当な方法で逃げるとあとから金銭面で大変なことになるんですよね。

給料が未払いになる可能性は労基法から考えて低いですが、退職金は支払われない可能性が高いです。会社の規約によって変わりますが、良い結果にはならないはずです。

そして会社から逃げて2週間以上経つと労働者を解雇可能とされているため、自己都合退職ではなく懲戒解雇という形で辞めることになってしまうんですよね。

懲戒解雇されてしまうと転職が不利になるということは誰でも考えつくはずですよね。

知人がほぼバックレ状態で辞めることになっていましたが、雇用保険などの手続きをするための書類を送ってもらうために気まずい思いをいしていました。恥ずかしかったでしょうね……。

以上のことがあるために、会社から逃げたいとしても、バックレは選択肢から外した方がいいというわけです。

前述した退職代行なら正攻法なので、会社をバックレる際のデメリットもなく会社から逃げることができます。

ほんと、私が勤めているときにあってほしかったサービスですよ、全く……。

会社から逃げることは甘えではない

社畜大国である日本では会社で働くことが当たり前とされつつも、会社に勤めることがつらいという人が大勢いたりもします。

日本社会の労働環境が悪いことは世界的に見ても有名そうですが、そんな社会を変えようという運動は各所で起きています。

しかし根本的な解決には至っていないことも多く、今すぐにでも会社から逃げたいなんて考える人も多いことでしょう。

よく日本では『会社を辞めることは逃げること』だという風潮があったりします。

でも会社を辞めることは逃げじゃないし、そもそも逃げるということ自体悪いことではないんですよね。

過労死という言葉は悲しくも市民権を得てしまいましたが、無理に働いて死ぬなんてことが先進国たる日本では起こってしまっているんですよね。

自然界の法則が弱肉強食ではなく適者生存であるように、戦うだけでなく逃げることも人生においては重要なんですよ。

必要であれば逃げることも大事です。

まとめ

会社から手っ取り早く逃げる方法を書いてみました。

逃げたとしても生きているのならまた新たにスタートできます。

逃げたいような会社に勤めているのならただ人生を棒に振っているのと同じです。

あなたが新しい第一歩を踏み出せることを願っています。

>>会社からの非常口『退職代行EXIT』

タイトルとURLをコピーしました