5G動画時代にブログがオワコンにならないと思う2つの理由

ブログコラム

最近は動画コンテンツが最盛期を迎えていますね。

YouTuberというものが仕事として確立しており、当たれば億万長者も夢ではないとのことで多くの人が動画作成に乗り出しています。

通信速度が速くなるなどのメリットを持つ通信規格5Gの時代になると、動画読み込みも速くなりさらに動画コンテンツの需要は増えていくものと思われます。

そうなってくると動画コンテンツ以外の旧来のコンテンツ、つまりテキストコンテンツ(=ブログ)はオワコンになってしまうのか?という疑問が生まれます。

今現在はブロガーやライターがそこそこいるんですが、その人たちが稼げなくなっていくのでしょうか?

私はそうは思いません。

動画コンテンツの需要が伸びていったとしても、ブログなどのテキストコンテンツの需要はそんなに減らないと思います。

その理由を書いていきます。

5G動画時代にブログがオワコン化しないと思う2つの理由

動画には時間が取られるけどテキストは流し読みで時間がかからない

動画って人の声で構成されることが多いから、分かりやすい反面どうしても声の速度の分の時間が取られてしまうんですよね。

5Gでいくら動画の読み込みが速くなったとしても、そればっかりはどうしようもないです。

その点、テキストなら自分が欲しい情報だけを切り取って手に入れられるので時間がかかりません。

動画だとその動画の評価を下すまでに数十秒から数分かかりそうですが、テキストなら数秒流し読みしてそのコンテンツの良さ悪さは理解でき次に行くことだできます。

これが動画コンテンツ全盛期になってもテキストコンテンツ需要がなくなることがないと思う一番大きな理由となります。

動画では目で見て耳で聞く必要があるのに対し、テキストは目で見るだけで十分

動画というものは視覚と聴覚に訴えるコンテンツです。

つまりそのまま目と耳を使うことで効率よく情報を手に入れる手段というわけです。

しかし耳が塞がれているときや音を出せない場所にいるときなんかは、目だけを使って動画を見ることになります。

字幕だったり動画内でのテロップなんかで情報を得ることもできるでしょうが、そこまで大きく配慮された動画も稀です。

目は別のものに向けながら動画を音声として聞くだけというときもありますが、そのときも得られる情報には限りが出てくるときもあります。

テキストコンテンツだと使うのは目だけ。

だから手軽なんですよね。

手軽なものはなくなりません。

人がテキストを読まなくなる時代はまだ来ない

昨今では活字離れが進んでいるなんて言いますが、それは逆であり人類はいまだかつてないほどに活字を嗜んでいます(正確には活字ではないのだろうけど)。

これまでの時代の文章は本や新聞など、印刷されたものをアナログな手法で読むほかありませんでした。

物体として存在しているものだから読むにしても場所と時間が限られてくるので、それのためにリソースを割くことが億劫で文字を読む習慣がない人が増えたのだと思います。

しかし今はスマホなどでいつでもどこでもネットさえ繋がっていれば多種多様な情報文に出会うことができますよね。

動画コンテンツが増えたとしても、文章コンテンツが大きく衰退したという話は聞きません。

それは動画には動画の良さが、テキストにはテキストの良さがあるからです。

人が文章を読まなくなる時代。

それは目を使って情報を手に入れなくても済むようになってから訪れるのだと思いますよ。

脳に直接情報を送れれば疲れ目なんか気にせず情報の海に浸れます。

そうなると動画コンテンツも衰退していくのかな?

人が文章を読み続けるかぎり、ブロガーやライターの仕事はなくならないのです。

ブログはオワコンとはならず、動画コンテンツと両立していくということですね。

まとめ

今回はブログは動画時代でもオワコンにならないということを書きました。

自身がいくつもブログ運営しているから期待を込めてってこともあるんですけどねw

5Gに変わって完全に動画時代になると思ってブログを諦めてしまうなんて早計なことはしないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました