『リア充』はすでに死語!?新しい呼び方『陽キャ』には賛否あり!実は10年以上前の古い言葉

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「リア充爆発しろ!」という定型文は、クリスマスなどイベントシーズになるとよく目にすることになりますよね。

しかし最近では『リア充』という言葉は死語扱いされることもあります。

そして賛否ありますが『陽キャ』が新しい呼び方とされたいたりするんですよね。

そんなリア充という言葉のこれまでとこれからについて考察していきます。

スポンサーリンク

『リア充』は死語!?もはや古い言葉になってるのかも

リア充という言葉の意味は『リアルが充実している』ことを言います。

ネット上ではなくリアル生活が充実している人ということですね。

そんなリア充という言葉は、もう10年以上前に発祥したって考えるとかなり古い言葉なんですよね。

初出は2005年頃に2ちゃんねるの大学生活板での『リアル充実組』という言葉だそうです(wiki参照)。……知らんかった……。

そんなリア充という言葉が死語扱いされているという情報を目にしたとき少しショックを受けましたね。

しかしよくよくTwitterを見てみると、『リア充爆発しろ』つぶやいている人も結構多かったりするんですよね。

古い流行り言語となりつつあるリア充ですが、まだまだ使われているようです。

しかし言語の新陳代謝は早いものであり、リア充という言葉に代わる言葉も一応あるんですよね。

『リア充』の代わりの新しい呼び方は『陽キャ』?代わりになっていないという意見も

リア充という言葉が死語扱いになったことは分かったけど、死語の後には新語があるもの。

つまりリア充の新しい呼び方があるというわけですね。

その候補とされているのが『陽キャ』というもの。

『陽気なキャラ』の略ですね。

しかし個人的にも世の中的にも代わりになっていないという意見があります。

だってリア充はリアルが充実していることを言うけど、陽キャは性格自体のことを言ってますからね。

陽キャの反対である陰キャにだってリア充はいるだろうし、全然代わりになっていないんですよね。

例えば『萌え』という言葉も死語扱いされることもありますが、完全に代わりとなる言葉はありません。

萌えという言葉は2000年頃からある古い言葉なので死語扱いされてもおかしくはないですね。

今どき「萌え~」なんて言っているオタクも少ないと思いますし。

『尊い』という言葉が新しい呼び方として使われることがありますが、それもやはり代替はできていないような気がします。

やっぱりリア充しかり萌えしかり、死語になったとしても今現在代えになる言葉はないんですよね。

実は『リア充』に代わる新しい呼び方がある!それは2ちゃんねるで誕生していた!

陽キャもパリピも駄目となれば、新しい呼び方を新設するほかありません。

リア充に代わる正統な言葉がないか調べた結果……ありました……!

なんとリア充という言葉が浸透し始めた2010年の2ちゃんねるスレッドでリア充に替わる言葉が考え出されているんです。

それが『本間充(ほんまみつる)』ですwww

理由は『リアルタイム充実』→『本当時間充実』→『本間充』となったわけですねw

もはや省略前を見なければなんのこっちゃって感じですが、これがリア充に代わる新しい呼び方なのです……!

もう2020年台にもなろうかというときに10年も前に作られた言葉が流行るとは思いませんけどね……(笑)

まとめ

リア充という言葉が死語になりかけているということを書いてみました。

これを書いているのはクリスマスまであと数日まで迫っている時期なので、リア充が意気揚々と充実したリアルを謳歌し始めようとしています。

ひとまずクリスマスはリア充に爆発してもらいたいものです。

タイトルとURLをコピーしました