筋トレする男がモテたり仕事で成功するのは『根拠のない自信』を獲得してるから

筋肉が自信に繋がるライフハック

モテてたり仕事で成功したりしてる男性は、筋トレを習慣化している傾向にあります。

それには理由があって、究極的に言うと根拠のない自信』を獲得するためなんです。

男性的な特徴として『自信がある』というものがありますが、自信がある男はモテやすいし、いろんな成功体験も得やすいです。

筋トレの第一人者であるTestosteroneさんも以下のように語っています。

しかし悲しいかな自信のない男というものも世の中に多く存在するんですよね。

「自分は自信がないわけじゃない」と思っている人もいるでしょうが、「自分には自身がある」と何の根拠もなく胸を張って宣言できるくらいじゃなきゃ自信があるとは言えません。

実際、私も自分に自信があるかと言えば肯定はできないかと思います。「私は自信がありません!」なんて大っぴらには言ったりはしませんが、そういう傾向にあることは否定出来ないんですよね。特に根拠のない自信の獲得はこれまで持ったことがありませんでした。

筋トレはそんな『根拠のない自信』を自然と湧き上がらせる効果があるんです。

私も始めたばかりではありますが、筋トレを習慣化してみた結果これまでにないような自信が自然と芽生え始めてきたんです。

この記事では

  • 男が筋トレをするべき理由
  • 筋トレがモテや仕事での成功に必要な理由
  • 筋トレを習慣化する方法

を書いていきます。

男は筋トレをするべき!根拠のない自信を獲得するために

男が筋トレをすべき本質的な理由は『根拠のない自信』を獲得するためです。

筋肉を鍛え上げることによって、自然と根拠のない自信は湧き上がってくるものなのです。

なぜ根拠のない自信が付くかといえば「きつい筋トレをやり遂げる達成感を得られるから」とか「やる気ホルモン・テストステロン値が高まるから」とかいろいろ説はあります。

私の解釈は、外殻である筋肉を大きくしていくと同時に体だけじゃなく心も強くなるというものです。

肉体的にも精神的にも筋肉量が少なければ外界からの攻撃から身を護る力が弱まり、逆に筋肉が多ければ多いほど防御力が上がると考えています。

筋肉という外殻が大きくなればなるほど自分は守られているという自負となり、それが根拠のない自信に繋がっていくというわけです。

私の実体験として、筋トレをしていた時期とサボっていた時期とでは考え方の質が違っていたように思います。

筋肉というものは使わなければ衰えてしまうもの。一時期筋トレをサボってひょろひょろになっていた時期は考えが卑屈になってしまいがちでした。

しかし逆に筋トレを続けているときは前向きで小さなことに躓かなくなったりします。

自分に自信がない人が解決に乗り出すとき、いろんな自己啓発本を読んだり心理学を学んでみたりと、まず精神論から始めようとしがちです。

しかし知識を溜め込んだからってすぐに自信が付くわけもなく、頭でっかちになるだけで何にも解決しなかったなんてことにもなりえます。

それよりも筋トレで筋肉を付けることで自信は勝手に身に付いてきたりするものなんですよ。

余談ですが、異常に自己肯定感が低い場合はHSP(繊細過ぎて敏感過ぎる人のこと)が原因だったりもします(HSPについての詳細は別記事に書いてあります)。

全人口の約2割いるHSPの場合、どんな成功体験をしても自己肯定感が上がりづらいのです。

HSPはどうしても考え込んでしまい、裏打ちされた根拠のある自信を獲得しようとしてしまう傾向があると思います。

私と同じHSPの傾向にある人は、まずは筋トレをして最低限の自信を手にしましょう。

HSPじゃないならもっと筋トレの効果は得やすいので、今日からでも始めてみましょう。

女性にモテるためにも筋肉を付けるべき

筋トレするとモテるようになる理由も『根拠のない自信』が生まれるからです。

時代が変われど女性は男性の男らしさに惹かれるものであり、しつこく書きますが男らしい特徴というものは『自信がある』というものです。

つまり筋トレをすることによってモテるというのはイコールであるとも言えるのです。

Testosteroneさんも以下のように言っています。

「モテたいなら筋トレすべき」という意見は、外面だけでなく内面の変化があるために言われていることなんですよね。

肉体美が女性を虜にするからというだという人もいますが、それだけじゃなくもっと根本的なものなのです。

筋トレで筋肉量が増えれば根拠のない自信が自然と湧き上がってくるものなので、モテたいなら何も考えずに筋トレをしていきましょう。

仕事での成功者には筋トレを習慣化している人が多い

人生の成功とは千差万別いろいろありますが、成功という一つの指標となるものは仕事での成功、つまり経済的に裕福になることではないでしょうか。

一流の起業家やできるサラリーマンなど、お金を多く稼ぐ人には筋トレのような運動を習慣化している人は多いです。

いわゆる成功者が書いた自己啓発本には、筋トレの重要性が説かれていることがあります。

筋トレは最強のソリューションである』なんてど直球の本もあるくらいですから(笑)

きつい筋トレを毎日行う精神力や、筋肉増強で得た根拠のない自信で次々に挑戦し成功を掴み取っているのです。

筋肉を鍛えれば体力も付きメンタル面の強化もあるために、仕事ができるようになっていくというわけですね。

一発逆転を狙いたいという人は筋トレから始めてみればいいと思いますよ。

筋トレを継続するためには形から入った方が良い件

私はこれまで何回も筋トレを習慣化しようとしたことがありましたが、そのたびに長くても一ヶ月程度で続かなくなってしまったんですよ。

習慣化しなければ意味がないと思い、私がしたことといえば筋トレグッズ一式を揃えたことです。

するとどうでしょう、今では数ヶ月も筋トレを欠かしておらず習慣化に成功したんです。

筋トレグッズといっても買ったのは、2キロのダンベル二つ、腹筋用のアップベンチ、腕立て伏せ用のプッシュアップバーだけです(必要最低限を買いました)。

しかし筋トレグッズを買うという選択は英断だということを知ることとなります。

筋トレグッズで筋トレを習慣化できたのは、主に三つの理由が考えられます。

それは

  • 高い買い物をしたから筋トレをやらなきゃもったいないという気分になる
  • 筋トレグッズ(特にアップベンチ)が目につく場所にある
  • 筋トレの面倒くささがなくなる

だと思います。

ある程度のお金を出して使わなかったらもったいないですよね。

もったいないことは悪いという固定概念が誰にでもあるので義務的に筋トレをするんですよ。

そしてアップベンチのような大きな器具が目に入る場所に置いてあると「あ、筋トレしなきゃ」と思うわけです。

最後に、筋トレグッズを持っているとトレーニング自体がやりやすくなるために面倒くさいと感じることが減ったんですよ。

特にアップベンチは、腹筋背筋運動の面倒くささが大幅に減らせるのでおすすめですよ。

そして筋トレはいつの間にかルーチンワークとなり、毎度毎度続かなかった筋トレが継続できるようになりました。

筋トレするためだけに高いお金を出したくないという人もいるかと思いますが、そのマインドこそが筋トレを習慣化できるか否かの違いなんですよね。

もっとお金に余裕があるのならフィットネスジムやパーソナルジムに通うのも良いかもしれません。

月会費はかかりますが、筋トレを習慣化するためにはベストな選択肢だとも言えます。

ジムに通うと、筋トレグッズでの筋トレ習慣化要因である『高い買い物をしたから筋トレをやらなきゃもったいないという気分になる』と『筋トレの面倒くささがなくなる』を高いレベルでクリアします。

そしてジムにいれば高品質な筋トレグッズが目につく場所にあるので、筋トレグッズを買う以上の効果が期待できます。

何にしても、筋トレは形から入ることにより難なく習慣化が可能となるわけです。

まとめ

この記事を要約すると

男が筋トレをするべき理由は、モテや成功に必要な『根拠のない自信』を手に入れるため。

筋トレグッズやジムを活用することで筋トレの習慣化が容易となる。

ってことです。

私は根拠のない自信を獲得するため、これからも筋トレに励んでいきます。

まだまだ道のりは険しいですが、習慣化はできているのであとは続けるだけです。

根拠のない自信の前に、まずはどんなことがあってもブレることのない自己肯定感を手に入れることを目指していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました