新元号『令和(れいわ)』の意味・由来・理由など考察!

新元号『令和(れいわ)』ニュース

2019年4月1日に新元号令和(れいわ)が発表されました。

これまでテレビやネットの様々な新元号が考察され、みんなの予想としては『安永(あんえい)』『安久(あんきゅう)』『永光(えいこう)』などがありましたが外れたようです(『安』という文字が多かったですが、安倍政権を連想させるために『安』は使われない方が良いという意見もありました)。

ちなみに、人工知能AIがはじき出した直前予想としては『仁愛』となってました。

どれも外れたわけですが、みんな新元号に関心があったことが伺えましたね。

いやしかし、予想もしていないような元号だったもんだから、発表された瞬間「……え?」ってなる人結構いたんじゃないかなぁ……w

私も新元号の字面と読みで、私の勝手なイメージはまず「思いもよらなかった……」って思いました。

そしてよくよく考えてみると、なんかこれまでにないクールな元号だと感じましたね。

あと余談ですが、菅官房長官が発表する直前に元号が書かれた紙ちょっと映っちゃってるんですよねw

まぁあれだけでなんて書かれていたか判断することは無理でしょうからセーフかな。

新元号が『令和(れいわ)』になった意味・由来・理由は?

新元号『令和(れいわ)』と決まったものの、気になるのがその二文字になった意味や由来、理由ですよね。

そんな意味・由来・理由についてちょっと調べて考察してみました。

まず、新元号制定においての条件が

  1. 国民の理想として相応しい
  2. 漢字二文字
  3. 書きやすい
  4. 読みやすい
  5. 過去に使われていない
  6. 俗用されていない

の6つがありました。

国民の理想として相応しく、書きやすくて読みやすい漢字二文字。

過去に使われておらず、かつ俗用もされていない。

『令和(れいわ)』はピッタリです。

これから始まる『令和(れいわ)』に合わせて、まずはこれまでの元号の由来や理由をちょっとだけ振り返ってみましょう。

明治の由来は『聖人が北極星のように顔を南に向けてとどまることを知れば、天下は明るい方向に向かって治まる』というものだそうです。

時代を明るくしようと志士たちが活躍して勝ち取った時代なので、そう名付けられた理由と合致します。

大正の由来は『天が民の言葉を嘉納し、政が正しく行われる』というもの。

明治の混乱と平定をさらに安定させることを願ったのが名称の理由なのかな?

昭和の由来は『国民の平和と世界の共存・繁栄を願う』というもの。

大正にあった第一次世界大戦などを鑑みて世界平和を願ったのでしょう。実際は過去最悪の戦争が行われ、日本が滅ぶ直前までいってしまったんですけどね。

平成の由来は『国の内外、天地とも平和が達成される』でした。

激動の昭和を経て、平成と名付けられた時代は元号通りの時代になったのではないかなと。

実は、これまでの元号は中国古典からの出典がほとんどなんです。

新元号『令和(れいわ)』の由来は万葉集の『初春の令月、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす』の引用だそうです。

これまでは中国の文化の影響を多く受けた元号が続いていましたが、新元号は完全に日本由来の和歌集である『万葉集』が元だということが印象深いですね。

その元号になった理由として『人々が美しく心を寄せあう中で文化が生まれ育つ』ということを願うことから名付けられました。

言葉一つの意味も確認してみましょう。

『令(れい)』の意味合いとしては『いいつける。命じる。いいつけ。のり。きまり。おきて。おさ。よい。りっぱな。他人の親族に対する敬称』があります。

『命じる』という意味もあるので、最初は「む?」と思った人もいるのでは?wでも『よい』や『りっぱな』という意味もあるのでそう考えると良いかもと思います。

『和(わ)』は、昭和のときと同じく『おだやか。のどか。ゆるやか。あたたか。はげしくない。互いに気が合う。なかよくする。争わない』。そして何より『日本のこと。日本風。「倭」に同じ』とあります。

新たな時代に付ける理由として相応しいものだと思いますね。

新元号『令和』しかり『君の名は。』しかり、重用される万葉集

新元号である『令和(れいわ)』は万葉集の『初春の令月、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす』から取ったとのことですが、個人的に万葉集と聞いて思い出したのが『君の名は。』です。

『君の名は。』では飛騨高山の方言で『かたわれ時』という黄昏時の概念がキーワードでした。

モデルとなったのは万葉集の一節に『誰そ彼(たそがれ)時』という、夕暮れのそこにいる人が誰かもわからなくなるような時間帯のことです。

今回決まった新元号の『令和』と、『君の名は。』の『誰そ彼(たそがれどき、かたわれどき)』。

万葉集という日本最古の和歌集で繋がる元号と平成最後の大作映画には不思議な縁のようなものを感じますね。

決定した新元号『令和(れいわ)』以外の候補を考察

平成という元号が決まったときは最終候補として『平成』『修文』『正化』がありました。

平成以外の二つはどちらも頭文字がSから始まるものだったんですね。

もし平成以外が選ばれていたら英単語頭文字での元号選択表記はできないようになってたんです。

さて、今回の新元号候補として挙がっていたものは6つあったそうですが、残念ですがしばらくの間は公開されないようです

その中で『令和(れいわ)』が選ばれたわけですが、他の5つが新元号に選ばれた可能性だってあったわけです。

そんな選ばれなかった5つの元号候補の意味について公開されたので、少し考察していきましょうか。

選ばれなかった5つの候補は『英弘(えいこう)』『久化(きゅうか)』『広至(こうし)』『万和(ばんな)』『万保(ばんぽう)』だそうです。

……なんかこの候補を見るとやっぱ『令和』が一番良いなって思いました。

大きく分けると日本古典が出典のものが『令和』『英弘』『広至』で、中国古典の出典が『久化』『万和』『万保』だそうです。

一文字ずつの意味を大雑把に記載してみました。

日本人なら誰もがよく使う文字なのであまり詳しく書く必要もないのではないかと書いたあと気づきましたw

『英弘』・・・『映』は『すぐれている』という意味、『弘』は『スケール・度量が大きい。ひろめる』という意味。

『久化』・・・『久』は『時間が長い。ひさしい』という意味、『化』は『影響を他に及ぼすこと。そのような物や事、状態に変える』という意味。

『広至』・・・『広』は『面積・範囲が大きい。ひろい』という意味、『至』は『ぎりぎりのところまで行き着く。この上ない』という意味

『万和』・・・『万』は『非常に多いこと。よろず』という意味、『和』は『令和』と同じく『いいつける。命じる。いいつけ。のり。きまり。おきて。おさ。よい。りっぱな。他人の親族に対する敬称』という意味。

『万保』・・・『万』は上記と同じ意味、『保』は『たもつ。もつ。もちつづける。やすんじる。たすける。やしなう』などの意味。

今回の元号候補として文字は『万』と『和』が二つずつあったわけですね。

より使いたい文字だったのかな?

まあ上記に書いたことは一般的に使われる意味だけですので、それだけ見てわかった気にはならないようにw

『令和』だって文字だけ一般的に解釈すれば『平和であることを命令する』ですもんね(英訳だとorder and harmonyになるようです)。

5月1日から新元号『令和(れいわ)』元年が始まる!どんな時代になるのだろうか

平成という時代は日本国自体が戦争をすることもなく平和な時代でした。

インターネットも普及し、民主化が急激に進んだ時代でもあったと思います。

その代りに経済面が落ち込み生活が困窮する人が増え、さらに様々な社会的禁止事項が多くなった時代でもありました。

振り返ってみるとその年号ごとに時代的背景が全然違うものです。

明治は明治維新からの大政奉還、そして西洋文明に習った近代化により、日本という国のあり方が根本的に変わった時代でした。

大正は大正デモクラシーや女性の社会運動などの民主運動が起こったり、第一次世界大戦が勃発するなど、短い期間ながら歴史的事件が多発した時代。

昭和は前半と後半で全く違った時代でしたね。

昭和前期は戦争に次ぐ戦争の時代。しかし第二次世界大戦の敗戦により日本が参加することはなくなり、平和憲法が作られ民主化が進むこととなりました。

昭和後期は高度経済成長とバブル経済の時代。日本経済が絶頂を迎えた時代でした。

前述しましたが、平成は平和でありながら経済が落ち込み規制が強まった時代と言えるでしょうね。

発表から一ヶ月後の2019年5月1日から新元号『令和(れいわ)』が始まるわけですが、これからいったいどんな時代になっていくんでしょうね。

希望を持って新時代を迎えましょう。

失われた30年を取り戻すことができるだろうか

平成という時代はそのまま日本の失われた30年となってしまいました。

バブル崩壊が1991年から始まったので、平成が始まってすぐに日本経済の停滞が始まったというわけですね。

それから約30年はご覧の有様。

実体験として景気が悪いことは感じていましたが、厚労省の統計不正問題で実際のところはどれだけ景気が落ち込んだのかは分かりかねないんですよね。

そんな不景気だった平成という時代から一転させ、『令和(れいわ)』という時代は失われた30年を跳ね除けてくれることを願いましょう。

新元号マーケティングが加熱している件

さてさて、暗い話題はさておいて、新元号マーケティングが熱を帯びています。

『新元号発表初の~』というウリ文句でいろんなことがなされているようですね。

有名所ではゴールデンボンバーが新元号発表後最速シングル『令和』がありますね(最速とはなれなかったようですが……)。

ちなみに平成最後マーケティングもありますよね。

印象に残っているのが『平成グミ』です。

パッケージに平成とデカデカと書かれている。ただそれだけの商品ですw

期間限定発売なので気になるなら買っておきましょう。

令和二年の東京オリンピックは新時代の祭典となるのだろうか

東京オリンピックは『令和(れいわ)』二年目の出来事となります。

東京オリンピックはいろいろ批判も多い行事ですが、新しい時代の祭典となりそうですね(外国人には関係ないが……)。

でもなんか、改元すぐにオリンピックとなるとなんか出来すぎていると感じますよね。

むしろ綿密に計算されて改元が行われたんじゃないかなぁと妄想。

都市伝説界隈では2020年辺りまでで日本がなんかすんごいことになるって噂になっています。

改元すると現実が不思議なくらい変わっていくものだから、全ては計画通りだった……なんてことになったりするかも……?

そしてここには詳しくは書きませんが新元号『令和(れいわ)』のキーワードとして梅の花とありますが、これって日月神示でお馴染み『三千世界一度に開く梅の花』のことなんじゃ……。

気になる人は検索してみてください。

面白いことがわかるかもしれません。

「昭和じゃねw」みたいに「平成じゃねw」って言われる時代が来るのだろうか……

私を含め、これまでの若者は古くてダサいものを見かけると「あれって昭和じゃね?w」と小馬鹿にすることがありました。

しかしそれももう終わってしまうのかもしれませんね。

新元号に切り替わったら、一つ前の昔の元号は平成。

つまり「あれって昭和じゃね?w」が「あれって平成じゃね?w」に変わってしまうかもしれないということです……!

嫌だなぁ……。

でもそれを言い始めるのは新元号育ちから新元号生まれの子どもたちだろうからまだ時間はあるはず……←

でも昭和と令和って似てるから「あれって令和じゃね?w」が始まる可能性も微粒子レベルで存在する……ないな。

エイプリルフールに新元号発表って……w

そう言えば新元号発表の4月1日ってエイプリルフールでした。

日付が変わり4月1日になったとたんに「新元号が流出した!新元号は〇〇!」という嘘がネットに出回ってましたねw

いやしかしエイプリルフールに大事な新元号発表って……ほんとややこしいな(笑)

新元号『令和(れいわ)』が嘘でないことを願います。

まとめ

新元号『令和(れいわ)』の記事でした。

新たな時代が良き時代となることを心から願っています。

タイトルとURLをコピーしました