『話しかけるなオーラ』の原因と消し方を考察!話しかけにくい人の特徴

話しかけづらい自己啓発

話しかけるなオーラ』を発していると言われたがある人いませんか?

私ですw

私です

ではいったい『話しかけるなオーラ』とはなんなんでしょう……。

『話しかけるなオーラ』とは一体なんなのだろうか

一般的に『話しかけるなオーラ』と言いますが多くの『話しかけるなオーラ』をまとった人は、「話しかけるな」と思っているわけではないのに話しかけにくい人だと思われているようなのです。

むしろ話しかけて欲しいのに話しかけてくれなくて悶々とすることもあるでしょう。

未だ謎の概念ではありますが、私が考えたその『話しかけるなオーラ』の原因と対処法をまとめてみました。

話しかけづらさは何が原因しているのか考察

話しかけづらい人というものは大きく6つ種類あると思います。

それは

  • 無口な人
  • 機嫌悪そうにしている人
  • 忙しそうにしている人
  • 疲れている人
  • 警戒している人
  • 美人すぎるorイケメンすぎる人

です。

『無口な人』は話しかけづらいと思われがちです。

何を考えているかわからないらしく、話しかけることが憚れるそうな。

……でも何を考えているかわかる人なんていないような……。

『機嫌悪そうにしている人』は話しかけづらいという話かけたくないですよねw

話しかけた途端キレられそうだし……。

でも元から機嫌悪そうな顔している人は誤解されてかわいそうだなぁ……。

『忙しそうにしている人』は邪魔しちゃ悪いかなと相手が遠慮してしまいます。

もっとゆとりある生活を心がけましょう。

『疲れている人』は『忙しそうにしている人』同様に気を使わせがちです。そして無口な人や機嫌悪そうにしている人に間違われることもあるので人は遠のきそう……。

『警戒している人』とは本人が意識していなくてもどこか警戒心が漏れてしまっている人のことです。まあ、意識的に警戒している人は『話しかけるなオーラ』そのものですよね。

『美人かイケメンすぎる人』というものは恐く感じたり近寄りがたかったりするものです。美人は実は恋人を作りづらかったりするということにも通じます。

世の中で生きづらいのはHSPだから!?5人に1人の繊細で敏感すぎる人の特徴
現代社会、なんだか生きづらいと感じている人は多いように思います。 考えすぎることが悪いとされる社会。 「敏感すぎ」とか「考え過ぎ」とか、まるでこちらがそう感じたことが悪いことのように言われることがあります。 そんな社会での...

『話しかけるなオーラ』を消す方法

『話しかけるなオーラ』を消す方法をがあるのなら喉から手が出るほど欲しいと思う人は以外に多そうです。

昔は(今も?)私も『話しかけるなオーラ』全開の人間だったからであり、『話しかけるなオーラ』を消したいと感じていたからです。

そんな私は話しかけやすいと思われている身近な人間を観察し、その特徴をピックアップしてみます。

さて、世の中にはよく道を聞かれる人がいますが、そういう人は無自覚にも『話しかけるなオーラ』ならぬ『話しかけてオーラ』をその身にまとっていると思うことがあります。

そんな『話しかけてオーラ』をまとった人の特徴としては

  • 優しそうで温和
  • 常に笑顔か緩んだ無表情
  • 自分から人に話しかけている
  • 普通の人そう

ってとこですか。

優しそうで温和な人は急に話しかけても対処してくれそうだし、機嫌良さそうな笑顔なら話しかける際の尻込みしません。

自分から他人に話しかけている人ならこっちから話しかけても大丈夫そうだと思われるし、美人でもイケメンでもない普通の人だと親近感が湧きます。

まあつまるところスキを見せるっていうのが『話しかけるなオーラ』を消す一番の方法なんですよね。

それが一番難しかったりするんですが……。

『話しかけるなオーラ』がコンプレックスだと感じている人はやはり、身近にいる『話しかけてオーラ』をまとっている人を参考にすべきだと思います。

20代後半~30代はみんな人生最悪期間!クォーターライフ・クライシスを考察
人間誰しも年を取ります。 意識したときは10代だったのにいつの間にか20代になり、そしてあっという間に老人となっていくのでしょう。 そんな人生の中で一番つらい時期は20代後半から30代だと言われています。 その期間を『クォ...

まとめ

人間関係で大事な『自分のまとった雰囲気』。

とくに第一印象なんかで話しかけづらかったらその後の関係性を築くことすら難しくなったりします。

悩みの殆どは人間関係んい通ずるとも言われていますからなるべくなら『話しかけるなオーラ』は消し去りたいものです。