ワンピースのラスボスを考察!黒ひげ?シャンクス?ロックス?

ロックス海賊団アニメ・漫画

ちょっと前に「実はワンピースの正体とラスボスとルフィの母親は全て一巻に出てる」というガセネタ説でラスボスを考察してみましたが、今回は全巻の中からラスボスを考察してみようと思います。

ラスボス候補となるような強者がたくさんいるので、まぁこいつじゃないかなと思うようなキャラにある程度絞ってみたので参考にしてみてください。

ワンピースのラスボスは誰になる?ラスボスっぽいキャラを考察

黒ひげ エドワード・D・ティーチ

黒ひげマーシャル・D・ティーチ

ラスボス候補の雄である黒ひげは謎が多い男です。

元白ひげ海賊団一番隊隊長・不死鳥マルコいわく「体が異形」だそうで、現に一つ限定で食べられるはずの悪魔の実を二つも食し最低二つの能力をその身に宿しています。

ファンの間ではイヌイヌの実(幻獣種)・モデルケルベロスを食したことから三つまで悪魔を体に宿せるのだと考察されています。

ケルベロスの能力が真実かはさておき、最強クラスの悪魔の実『ヤミヤミの実』『グラグラの実』を食した黒ひげは能力だけで考えれば最強と言えますね。

ヤミヤミの実は触れた相手の悪魔の実の能力を無効化するために、覇気でも対処されてしまうようなロギア系悪魔の実能力すら素手でぶん殴ることができたりします。

グラグラの実は海軍本部での頂上決戦を見ればわかりますが、地震を自由に起こせたり、津波を起こしたり、振動パワーで超強力な物理技を繰り出すこともできます。そんな『世界を滅ぼす力』を世界最強の男が有していた能力なため、恐怖の対象にすらなっています。

そして何より黒ひげは耐久性や物理攻撃が際立って強かったりもします。

性格も大声で夢を語るような大胆なところもありルフィと重なるところもありながら、食の好みが真逆などルフィと正反対だという暗示も加えられています。

そんな黒ひげはルフィにとってエースを海軍に売った敵であり、いつかは倒すべき相手なのです。

キャラ的にはヘタレなところもありますが、これ以上ないってくらい最強能力を集めた男なんですよね。

極めつけに名前にルフィと同じくDがついているDの一族なんですよ。

最後はD対Dの戦いになるもの面白いですよね。

赤髪のシャンクス

シャンクス

シャンクスはルフィの命の恩人であり、目標とすべき人物として描かれています。

ご存知ルフィの麦わら帽子はシャンクスから預かったものであり、それを返しに行くこともルフィの目標の一つです。

しかしシャンクスという男は頂上戦争の幕引きを行ったり、五老星と密会していたりと何かと謎の多い人物でもあります。

そんなことからシャンクスは実は世界政府側の人間であるという説があります。

そのためラスボスはシャンクスなのではないか言われることもあるんですよね。

ルフィに預けた麦わら帽子という点にしても、聖地マリージョアには巨大な麦わら帽子が冷凍保存されていたりと、麦わら帽子自体に何らかの秘密が隠されているようです。

つまりシャンクスがそれを所持していたということも、それをルフィに預けたということも、何らかの伏線であるということがわかります。

ルフィは四皇全てをぶっ飛ばすと言っていますが、もし最後にぶっ飛ばすとしたら黒ひげエドワード・D・ティーチかシャンクスだと考えます。

最初に黒ひげラスボス説を書きましたが、ティーチはラスボスにするにはキャラクターがヘタレすぎなのでは?とも感じます。

今まで信頼できる人物として描かれてきたシャンクスだからこそ、実は戦わなければならない敵だったということがわかれば読者は相当なショックを受けることでしょう。

衝撃展開はワンピースで何度もあったので、シャンクスが敵になるという展開もあるんじゃないかなぁと個人的には思います。

シャンクス自体の実力としては、覇王色の覇気を有していたり、白ひげと剣を互角に交えたり、サカズキの攻撃を防いでビビらせたり、世界最強の剣豪ミホークとライバル関係にあったり、黒ひげと戦うまでもなく退かせたり、カイドウと小競り合いを繰り広げたり……。

まぁ同じ四皇である白ひげやビッグマムやカイドウや黒ひげと肩を並べる強さのため、ビッグマムやカイドウに勝てない今のルフィでは太刀打ちできないはず。

もしシャンクスがラスボスなら、ルフィはさらなるパワーアップが必要ですね。

そしてシャンクスと相対するということは、赤髪海賊団全てと対峙するということです。

赤髪海賊団の面々はそれぞれの実力もあり、ルフィだけでなく麦わら海賊団の仲間それぞれが強くならなければなりません。

もし麦わら海賊団と赤髪海賊団が全面戦争になるとしたら、気になるのは組み合わせはウソップとヤソップの親子対決ですね。

実の息子を本気で殺しにかかるなんてことは考えづらいですが、そんな夢の対決も見てみたいものですね。

五老星

五老星

世界政府の最高権力・五老星。

最近になって世界政府最高権力という顔は名目だけであり、その頂点にイム様という存在がいることが明かされています。

彼らについてわかっていることは『五人の老人が世界のトップ(仮)に君臨しているということ』『天竜人であるということ』『戦いとは無縁な無縁な天竜人であるのに体中に傷があること』『過去回想シーンから現代シーンまで見た目が一切変わっていないこと』です。

多くのネット考察記事では彼らは不老不死の力を得ており、空白の100年以前から存在しているということが語られています。

彼らがもし現代の世界政府樹立に直接関わる人物だとしたら、その戦いの果てに多くの傷を負ったということも頷けます。

彼らが戦っている場面は描写されたことはありませんが、ガンジーがモデルとされる五老星の一人は初代鬼徹と思われる刀を常に所持しています。

そのためかなりの手練だということが見て取れます。

その他四人もそれに並ぶほどの実力者でしょう。

もしもラスボスとして彼らが立ちふさがってきたときは、かなりの強敵となるはずです。

世界の頂点・イム様

イム様

五老星の上に君臨し、世界の黒幕とも言われるイム様もラスボス候補の一人。

おそらく女性(少女?)だとファンの間では考察されていますが、その全貌は未だ謎に包まれています。

分かっていることと言えば、民衆のトップである王族の上にいる天竜人のトップである五老星を従える世界で一番権力を持っている人(神)ということくらいですかね。

ルフィや黒ひげ、アラバスタ王女ビビ、竜宮王国の姫しらほしに対して何かしらの感情を抱いており、写真を剣で切り刻むなどしていました。

とりあえず最後に戦う相手として考えてもおかしくはない存在です。

しかし彼女(?)には最強と噂される五老星が付いているので、戦うことはしないのかも?

もし戦うのだとすれば、その能力が気になります。

世界の縮図はドレスローザ編の拡大版とのことなので、イム様とはドレスローザにて誰にも知られることなくおもちゃ奴隷を量産していたシュガーとの相違点を見ることができます。

つまりイム様も能力で他者を奴隷状態にすることができるということではないでしょうか。

そうなると仲間が次々とイム様側に付くとか?

……恐ろしすぎる……。

ロックス海賊団

ロックス海賊団

前々から名前だけが独り歩きしており、最近になって遂に明らかとなったロックスという存在の正体。

ロックスとは海賊団のことであり、白ひげやビッグマム、カイドウなどそうそうたるメンバーが所属していたものだそうです。

船長はロックス・D・ジーベックという男で明らかにされていることはほとんどなく、謎の多い人物として描かれています。

ビッグマムとカイドウが海賊同盟を組みましたが、そこに今までのロックス海賊団の面々が再度集まり新生ロックス海賊団が結成されるとすれば、それはかなりの脅威となるでしょう。

船長だったロックス・D・ジーベックはもう死んでいるらしいですが、『ロックス』という言葉自体が『ROX』と『ROCKS』の2つ綴りがあるために、ジーベックとは関係なくロックス海賊団として復活し、それがラスボスになるのではないかと考えられます。

もはやどうやって倒すのかわからないほどのドリームチームとなりそうですね……。

最終決戦に相応しいです。

まとめ

ワンピースには四皇や海軍、五老星、イム様など、ラスボスとなり得る存在が多数存在します。

だからこそ考察が捗るってもんですが、真実はいつも一つという言葉がありまして……どんなに上手い考察をしたところでラスボスはもう尾田先生の中で決まっているのでしょう。

ワンピースはもう終盤に入っているために、ラスボスとの戦闘ももうすぐなんでしょうね。

早く見たいけど終わってほしくないから見たくもない……。

タイトルとURLをコピーしました